« インフルエンザ4 | トップページ

2009年3月14日 (土)

不治の病

たまたまテレビで中岡亜希さんの特集を見ましたが、番組の内容は相も変らず不治に沈む病人の希望の無い医学にすがるしかない絶望の日々を追いかける内容でした。

中岡さんの病気だけではなく、多くの不治の病が存在しているのが現実だが、どういうわけだか、皆さん、治せもしない医学にあそこまで信頼するのかが不思議と言えば不思議。

私は26歳の時にやはり死の一歩手前まで行ったが、医学に不審を持ち、さっさと他の療法に行き、63歳の今日まで歯医者以外は一度も医者の世話にはなっておらず、極めて健康状態は良好です。

現代医学に頼るかぎり、いわゆる不治の病は絶対に治りません。

なぜなら、病気の根本的な捉え方が間違っているからです。

その証拠に医学は、「風邪」 の原因さえ知りません。

そんなレベルの医学に中岡さんの病気は絶対に治せないと断言できます。

ところで中岡さんの病気の原因の一つを見つけたのですが。

中岡さんが信じるかどうかは不明ですが、実は彼女の姓名の中に原因と成り得るものが在るのを発見しました。

いわゆる姓名学に通じた者なら同じ事を指摘するに違いありません。

極めてよくあるパターンの運勢になっていました。

ここを改善しない限り、如何なる治療法を以ってしても完治は困難と思われます。

« インフルエンザ4 | トップページ

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1061696/28618283

この記事へのトラックバック一覧です: 不治の病:

« インフルエンザ4 | トップページ

無料ブログはココログ