« 耳 | トップページ | インフルエンザ »

2008年12月 5日 (金)

天気と症状の関係

典型的な症状がありました。

一日目  何となく頭が 「もやーと」 して、風邪を引きかけているかなという感じ。

二日目  頭がかなり変な感じで、熱もありそうな感じ。

三日目 前日は雨が降りそうな暖かい空気があったが、今日は降り出した。

夜になって、歯茎の一部がぷっくりと膨らんで水が溜まっているような感じだが痛みは無い。

同時に頭が正常に戻っているのに気付いた。

四日目 天気は曇り時々雨だが歯茎の腫れも引いているし、頭は正常で全て元にもどっている。

これから言えるのは、天気とからだの浄化作用が連動しているという事。

あたまの中の出すべき毒素が雨の降り出すのと時を同じくして液体化して排除されたという現象。

今回での現象では雨の二日前に症状が出始めている。

私が若くてまだ毒素が多い頃は、雨が降り出すまでの時間が正確に分かっていた。

« 耳 | トップページ | インフルエンザ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1061696/25939516

この記事へのトラックバック一覧です: 天気と症状の関係:

« 耳 | トップページ | インフルエンザ »

無料ブログはココログ